紫外線療法|ゆう皮フ科クリニック 皮膚科 アレルギー科|高槻市藤の里町・沢良木町

紫外線療法

紫外線療法

エキシプレックス308

光線療法の一つで紫外線が持つ「免疫の働きを調節する作用」を活用し、尋常性乾癬やアトピー性皮膚炎、尋常性白斑、掌蹠膿疱症などの治療に用いられています。
当クリニックでは、『エキシプレックス308』という中波紫外線治療器を採用しています。
308nmの波長のみを照射できることに加え、従来の治療機器よりもコンパクトになりました。より強い光を患部だけに安全かつ効率的に照射することが可能なため、健全な皮膚に余分なダメージを与えず、病変部位のみを治療できる正確で信頼性の高い治療法です。1回の治療で症状を改善させるのではなく、複数回の治療を継続することによって改善していきます。痛みがほとんどなく、照射時間も数秒から数十秒程度と1回あたりの治療時間も短いため、安心して治療をお受けいただけます。従来の紫外線療法(PUVA、ナローバンドUVB)よりも少ない回数で改善効果を認めやすく、効果の持続も長いとされています。また、従来の紫外線療法で改善しにくかった皮膚病変にも、効果があることが確認されています。

週に1~2回程度の通院をしていただきます。トータルの治療回数や1回ごとの治療時間は症状により個人差があります。また、当日から翌日にかけて照射部が赤くなったりひりひりしたりすることがあります(日焼けと同じような症状)。

下記の治療に対し、健康保険が適用となります。
  • 尋常性乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性白斑
  • 慢性苔癬状粃糠疹(類乾癬)
  • 菌状息肉症