小児皮膚科|ゆう皮フ科クリニック 皮膚科 アレルギー科|高槻市藤の里町・沢良木町

小児皮膚科

小児皮膚科について

主に小児期のお子様を対象として、皮膚に生じた様々なトラブルを解決するため、必要な治療・ケアを行う診療科です。小児期の皮膚は、大人と比較して薄くて繊細であり、皮膚のバリア機能も安定していません。皮脂の分泌量も不安定なので、角質の内側の水分が蒸発しやすく、細菌や有害物質が皮膚の奥にまで侵入し、皮膚トラブルが起こりやすいのです。そのため、しっかりとスキンケアを行い、皮膚バリアを整えることが重要となります。

当クリニックでは、こうした小児期の皮膚疾患について、お子様一人ひとりの症状を適切に見極め、丁寧な治療を心がけております。また、非常に繊細なお子様の皮膚が細菌などに感染するリスクを減らすため、必要となる肌ケアの方法などもアドバイスしておりますので、お気軽にご相談ください。

小児皮膚科の主な疾患

乳児湿疹

生後2,3週間から数ヶ月までの間の乳児では色々な原因で湿疹ができやすく、まとめて乳児湿疹と呼びます。
乳児湿疹には乳児脂漏性湿疹、刺激性接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎などが含まれます。

①乳児脂漏性皮膚炎
一時的に皮脂の分泌が盛んになるため、生後2,3週間頃から頭皮、眉の部分、おでこ、頬などにがさがさした赤みや赤いぶつぶつが出現し、生後 8-12ヶ月で自然によくなることが多いです。保湿ケアで治療しますが、治りにくい場合は短期間だけ弱いステロイドを塗ることもあります。洗いすぎは禁物です。
②刺激性接触皮膚炎
よだれや食べ物による口周囲の荒れ、お尻のおむつかぶれなどです。
患部の清潔とスキンケアが重要です。
治りにくい場合は短期間だけ弱いステロイドを塗ることもあります。
③アトピー性皮膚炎
治りにくく、2ヶ月以上続いている場合はアトピー性皮膚炎の可能性があります。
耳切れや、手足・体に湿疹が広がっている場合は注意が必要です。
最近では、保湿によるスキンケやステロイド外用剤などで早期に治療すれば、アトピーの重症化を防げることがわかっているので、早期発見・早期治療が重要です。
アトピー性皮膚炎について詳しくはこちら

あせも(汗疹)

あせもとは、汗をたくさんかいた後に、皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れる皮膚病です。夏に多く、小児に発症しやすい疾患です。あせも自体は、本来無症状ですが、湿疹が加わるとかゆみが出現します。

治療

高温・多湿の環境を避け、入浴やこまめに汗を拭くなど清潔を保つことが大事です。
かゆみがある場合はステロイド外用剤やかゆみ止めの内服を用います。

とびひ(伝染性膿痂疹)

黄色ブドウ球菌などの細菌によって発症する皮膚感染症です。菌が産生する毒素のせいで、皮膚が破れてしまいます。痒みによって皮膚を掻きむしることで、火の粉が飛び散るように感染部位が広がっていくことから、「とびひ」と呼ばれます。

治療

抗生物質の飲み薬での治療が中心となり、他に抗生物質の塗り薬、痒み止めの飲み薬・塗り薬を用います。時に薬剤耐性菌(MRSA)によるとびひがあります。薬剤耐性菌であればなかなか効かずに2、3回抗生剤を変えてやっと治る場合もあり長引きます。細菌培養の検査を行い、有効な抗生剤内服を処方します。

注意点

  • 患部を洗浄し清潔に保つことが重要です。石けんとシャワー浴で清潔にすることで、菌を減少させることができます。
  • 兄弟姉妹は一緒にお風呂に入るとうつる可能性があります。別々にお風呂に入ってください。
  • 傷には菌がいますので傷を触ったら石鹸で手を洗ってください。
  • 患部が乾くまでは他の人にうつるためプールは禁止になります。
  • 通学、通園は基本的に問題ありませんが、学校・園に行くときには患部をガーゼで覆って他の子供にうつさないように予防してください。

やけど

やけど(熱傷)は熱や火による皮膚の障害です。受傷部位に赤み、水ぶくれ、痛みが出現します。熱傷の程度は3段階あり(1度、2度、3度)、痕が残るかどうかはこの程度によって決まります。また、やけどが二次感染(細菌が付く)して抗生剤が必要になることもあります。

治療

  • 受傷直後の処置が最も重要です。水道水や氷などでしっかり冷却してください。
  • ステロイドや抗生物質の塗り薬を用います。
  • 二次感染があるときには抗生剤の内服をします。

いぼ

ごく普通のいぼは、表皮細胞のヒトパピローマウイルス感染によるもので、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれます。直径3㎜~1㎝ぐらいの白色または薄茶色の隆起物が手のひら、足の裏、指先、爪の周りなどに出現してくる疾患です。
いぼが出来たときは、絶対に引っ掻かないようにして下さい。爪などに付着したウイルスが他の部位に広がり、いぼが増えていくことがあるからです。

治療

液体窒素(-196℃)による凍結療法やヨクイニン内服療法をおこないます。
モノクロロ酢酸を塗布する方法もあります。モノクロロ酢酸は強い酸で、イボの表面に塗ることによりウイルスに感染した細胞を直接的に破壊します。痛みが軽いため、お子様にはこちらをすることもあります。

みずいぼ(伝染性軟属腫)

丸くて小さい良性のいぼが出来る疾患です。全身の至るところに出来ますが、特にわきの下や陰部、肘・膝部など、身体の柔らかい部位で多発します。幼児から小学校低学年の児童に発症することが多く、特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎の方は注意が必要です。
水いぼは、伝染性軟属腫というウイルスに接触することで感染しますので、人から人へ移ることもあります。

治療

多くは小学校高学年から中学生にかけて、自然に消えます。(自然に治るのを待つことを推奨しているところもあります。) ただし、待っていることで拡大することもよくあります。治療としては専用のピンセットで一つずつ除去します。除去時の痛みに対して、麻酔のテープ(リドカインテープ剤)を用いることもあります。

また、摘除をためらう方には、銀イオンを配合し、その抗菌力を用いて水イボの治療にも効果があったと報告のあった保湿クリームを私たちのクリニックで採用しました。(保険はききません)
詳しくはこちら

虫さされ

様々な虫に刺されたり、噛みつかれたりすることによって皮膚に炎症などが生じる病気です。この原因となる虫は、蚊やノミ、ハチ、ケムシ、ダニなど多岐にわたります。
虫刺されによって生じる皮膚症状には、虫が皮膚を噛んだりすることによる「物理的な痛み」、皮膚に注入される物質による「化学的刺激による痛み」、皮膚に注入された物質による「アレルギー性の痒み」などがあります。一般的には、数日以内に痛みや痒みが収まることが多いのですが、なかには症状が収まらないケースもあります。

治療

主にステロイド外用薬を使用します。症状が強いときは、抗ヒスタミン薬や場合によってはステロイド内服薬を使用します。
また、ハチに刺された場合は、血圧低下や意識障害など、強いアレルギー反応が起こることがあります。その場合は命に係わることなので、救急病院への受診をお勧めします。 当クリニックでは、ハチ毒によるアレルギーを持っている方へのエピペン®(アドレナリン自己注射薬)の処方が可能ですのでご相談ください。

水ぼうそう(水痘)

水痘-帯状疱疹ウイルスの初感染による感染症です。空気感染するので、注意が必要です。全身に赤みを伴う小さい水ぶくれが出現します。頭皮にも水ぶくれを生じることが特徴的です。数日の経過でかさぶたにかわっていきます。ごく初期では診断が難しい場合もありますが、水ぶくれとかさぶたが混在することで診断できます。

治療

抗ウイルス剤内服が効きます。治療をしなくても自然に治りますが、重症化するリスクもあります。全ての皮疹がかさぶたになるまで、学校や園などはお休みです。 現在は、公費による予防接種があります。

手足口病

コクサッキ―ウイルスやエンテロウイルスなどによる感染症で感染してから3~5日後に口の中や手足などに小水疱が生じます。約半数の方に微熱や感冒様症状が先行します。

治療

特効薬はありません。経過を観察しながら、症状に応じた治療を行います(対症療法)。多くは数日のうちに治ります。
大人にもかかることがあり、子どもよりも大人のほうが、症状が重く出やすいことが特徴です。
近年では、手足口に加えてお尻にでる傾向が強くなっています。ウイルスが少しずつ変異しているからだと考えられています。